忍者ブログ

インフラ構築手順書

はじめてのインフラ、サーバ構築時に役に立つように構築手順情報をまとめました。


[PR]

広告 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



リソース使用状況のデータを数秒単位で取得する

広告 

リソース使用状況のデータを数秒単位で取得する

sarコマンドの概要情報

システムのリソース使用状況データを取得するコマンドの一つとして、sarコマンドがある。
sarコマンドでできること

・ファイルアクセスを確認する方法 (sar -a)
・バッファー動作を確認する方法 (sar -b)
・システムコールの統計情報を確認する方法(sar -c)
・ディスク動作を確認する方法 (sar -d)
・ページアウトとメモリーを確認する方法(sar -g)
・カーネルメモリーの割り当てを確認する方法(sar -k)
・プロセス間通信を確認する方法 (sar -m)
・ページイン動作を確認する方法 (sar -p)
・待ち行列動作を確認する方法 (sar -q)
・未使用のメモリーを確認する方法 (sar -r)
・CPU の使用状況を確認する方法 (sar -u)
・システムテーブルの状態を確認する方法(sar -v)
・スワップ動作を確認する方法 (sar -w)
・端末動作を確認する方法 (sar -y)
・システム全体のパフォーマンスを確認する方法 (sar -A)


sa1とsa2コマンドについて
sa1コマンド システムの稼働情報を収集して記録する「コレクタ」で、集めたデータを「saDD」という名前のファイルに出力する。※sa1に与える引き数は、基本的にsarコマンドと同じである。
sa2コマンド  sa1が記録したデータを元に、デイリーの報告ファイルを出力する「レポータ」である。saDDファイルから、sarコマンドの出力と同様の形式のテキストファイル「sarDD」を生成する。

デフォルトのリソース使用状況取得の問題点
crontabでsa1コマンドを実行することで、システムのリソース使用状況のデータは取得できる。
しかし、crontabでは1分以内のデータは取得できない。日々の運用ではさほど問題ではないが パフォーマンステスト(性能テスト)を実施する際などは、秒単位で取得がしたいことがある。
今回は、秒単位でsarデータの取得ができる方法を紹介します。
※ただしsarコマンドは、5秒以下の指定はできない。


リソース使用状況のデータを数秒単位で取得する手順

cronでは1分以内の実行ができないため、sarコマンドで時間と回数を指定したスクリプトを作成し、 そのスクリプトを1日1回、cronで実行する。
ここではsolaris11の手順であるが、Linuxでも同様に設定ができる。

スクリプト作成
・10秒ごとに8640回(1日)
 # vi  /opt/scripts/bin/sar.sh
 #!/usr/bin/sh
/usr/bin/sar -A -o /tmp/sar `date "+%Y%m%d"` 10 8640


crontab設定
上記スクリプトを12月30日、31日の2日間のみ1日一回実行。 手動実行で行う場合は、下記crontab設定は不要です。
# crontab -e sys
0 0 30,31 12 * /opt/scripts/bin/sar.sh > /dev/null 2>&1


参考情報

sarで取得できるデータは、デフォルトではcrontabにsa1コマンドを1単位で設定する。 下記5分単位で実施する場合(Linuxの場合 */5と設定できる)
0,5,10,15,20,25,30,35,40,45,50,55 * * * * /usr/lib/sa/sa1 



[サーバ・インフラ構築・運用完全ガイド ~Linux/FreeBSD/Solaris/HP-UX/AIX/WindowsServerマルチ対応]の書籍横断比較とレビュー

サーバ・インフラ構築・運用完全ガイド ~Linux/FreeBSD/Solaris/HP-UX/AIX/WindowsServerマルチ対応
著者:笠野 英松
出版日:2012-11-21
出版社:技術評論

[Oracle Solaris 11 System Administration The Complete Reference]の書籍横断比較とレビュー

Oracle Solaris 11 System Administration The Complete Reference
著者:Michael Jang
出版日:2012-09-26
出版社:McGraw-Hill Education






拍手[0回]



Solaris11のHDD増設手順

広告 

Solaris11のHDD増設手順

Oracle Solaris ZFS ファイルシステムでは、ファイルシステムが個々のデバイスに制約されれない設計となっております。
ファイルシステムのサイズを事前に決定する必要はなく、ストレージプールに新しいストレージを追加すると、何も操作しなくても、プール内のすべてのファイルシステムで追加したディスク領域をすぐに使用できます。

Solaris11のHDD増設手順目次

デバイス名を確認
ストレージプールとZFS ファイルシステムの作成
OS再起動後の自動マウント設定
設定後の確認

デバイス名を確認

事前に追加したハードディスクが、どのようなデバイス名で認識されているのか確認をする。
# format
Searching for disks...done
AVAILABLE DISK SELECTIONS:
       0. c2t0d0 <VMware-Virtual disk-1.0-60.00GB>
          /pci@0,0/pci15ad,1976@10/sd@0,0
       1. c2t1d0 <VMware-Virtual disk-1.0-30.00GB>
          /pci@0,0/pci15ad,1976@10/sd@1,0
Specify disk (enter its number): 
※Ctl+Cでぬける
※上記結果では、デバイス名が「c2t1d0」となります。


ストレージプールとZFS ファイルシステムの作成

新しいプールを作成すると、新しい ZFS ファイルシステムが自動的に作成されてマウントされます。

ここでは、「optpool 」という名前の新しいストレージプールを作成します。
その構成デバイスとして、fomatコマンドで調べたデバイス名「c2t1d0」とします。
ストレージプール名 optpool
構成するデバイス名 c2t1d0

# zpool create optpool c2t1d0
※ZFS では、デバイスをフォーマットする前に、ディスクが ZFS またはオペレーティングシステムのほかの部分で使用されているかどうかを最初に確認します。ディスクが使用中の場合は、エラーが表示されます。


OS再起動後の自動マウント設定

# zfs set mountpoint=/opt optpool


設定後の確認

ファイルシステムが作成されたことを確認
# zfs list -r /opt
NAME      USED  AVAIL  REFER  MOUNTPOINT
optpool  72.8M   2959M  72.6M  /opt

追加ストレージプールのマウントポイントの確認
# zfs get mountpoint optpool
NAME     PROPERTY    VALUE  SOURCE
optpool  mountpoint  /opt   local
# zfs get mounted optpool
NAME     PROPERTY  VALUE  SOURCE
optpool  mounted   yes    -

サイズの確認
# df -h
Filesystem             Size   Used  Available Capacity  Mounted on
rpool/ROOT/solaris      59G    12G        20G    39%    /
optpool                10G    31K       10G     0%    /opt

※OS再起動してもマウントされていることを確認する


拍手[0回]



Solaris11のresolv.conf変更手順

広告 

Solaris11のresolv.conf変更手順

Solaris 11ではNetwork Auto-magic(NWAM)などの新しいネットワーク機能が追加され、OSのネットワーク設定そのものを仮想化できるようになりました。
Solaris 11のネットワーク設定が従来とは異なるため、Solaris11の新機能を無効化してSolaris 10と同じやり方でネットワーク設定を紹介するサイトが多いですが、 本サイトでは、Solaris 11のデフォルトの手順を紹介します。

ドメイン名 work-hoge.jp
Nameサーバ1 192.168.33.110
Nameサーバ2 192.168.33.111


DNSサーバの指定

Solaris 11のデフォルトでは、SMFのdns/clientのプロパティで各種DNSクライアント設定を行うことができます。
# svccfg
svc:> select dns/client
svc:/network/dns/client> setprop config/search = astring: ("work-hoge.jp")
svc:/network/dns/client> setprop config/nameserver = net_address: (192.168.33.110 192.168.33.111)
svc:/network/dns/client> select dns/client:default
svc:/network/dns/client:default> refresh
svc:/network/dns/client:default> validate
svc:/network/dns/client:default> exit

DNSクライアントサービスの起動または再起動で上記設定内容が反映されます。
DNSクライアントサービスの起動する場合
# svcadm enable dns/client
DNSクライアントサービスの再起動する場合
# svcadm disable dns/client; svcadm enable dns/client

resolv.confファイルの内容確認
# cat /etc/resolv.conf
== 
#
# _AUTOGENERATED_FROM_SMF_V1_
#
# WARNING: THIS FILE GENERATED FROM SMF DATA.
#   DO NOT EDIT THIS FILE.  EDITS WILL BE LOST.
# See resolv.conf(4) for details.

search  work-hoge.jp
nameserver      192.168.33.110
nameserver      192.168.33.111


拍手[0回]



Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us FC2 ニフティクリップ iza Buzzurl 


最新記事
(09/17)
(04/09)
(04/09)
(03/22)
(01/16)
(12/30)
(12/26)
(09/21)
(09/21)
(09/20)
(09/12)
(06/13)
(06/13)
(03/14)
(02/15)
(01/03)
(01/03)
(10/04)
(09/20)
(09/15)
(09/14)
(09/14)
(09/14)
(09/06)
(08/30)
最古記事
(10/29)
(10/29)
(10/29)
(10/29)
(10/29)
(04/12)
(04/12)
(06/12)
(06/12)
(06/20)
(06/22)
(07/22)
(07/22)
(07/30)
(07/30)
(08/18)
(08/18)
(08/22)
(08/24)
(08/24)
(08/24)
(08/24)
(08/24)
(08/24)
(08/24)


PR

Copyright © インフラ構築手順書 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

検索フォーム

カスタム検索

フリーエリア

ESXiの基本設定・運用設定
ESXiのSSH設定
ESXiの NTP設定
VMware ESXiでの時刻同期(NTP)ペストプラクティス
ESXiのゲストOS(仮想マシン)複製
ESXiのOVF形式で複製
異なるESXiバージョン間の複製(移行)
クローン作成後の後処理
仮想マシンのLVM追加
仮想共有ディスクファイルの作成
ESXi上でハイパーバイザーを稼動させる
パフォーマンスがでないとき確認すること


サーバ構築手順
ESXi上でRACを構築する
GFS2+DRBD構築
PaceMaker+MySQLレプリケーション構築
PaceMaker+DRBD構築
HeartBeat2+DRBD構築


Solarisの構築手順
Solarisのネットワーク設定変更
Solarisのホスト名変更
Solaris11のresolv.conf変更手順
Solaris11のHDD増設手順


AWS(Amazon Web Service)の基本設定・運用設定
S3 WEBサイトの構築
S3 WEBサイトのアクセス制限
S3 WEBサイトのリダイレクト設定


Windows Azureの基本設定・運用設定
AzureでWordpress構築
英語版Wordpressを日本語化する
AzureWebサイトの独自ドメイン設定
AzureWebサイトのモード変更
WEBアクセスログ解析ツールの比較


WordPressの基本設定・運用設定
WordPressの基本構造
WordPressのインストール手順
Wordpressマルチサイト機能
「続き読む(more)」カスタマイズ
Wordpressの独自PHP
Wordpressをサブディレクトリに移す
既存サブディレクトリをルートディレクトリとする
Wordpressが利用可能な共用ホスティング


Postfix構築
Postfixにおける暗号化したSMTP認証設定


SoftEtherVPNの構築
ESXi上のSoftEtherVPN構築
DDNSと組み合わせたSoftEtherVPNの設定


LinuxのAD連携
LinuxのActiveDirectory連携について
PAM認証でAD連携
ApacheでAD連携(LDAP認証)
ApacheでAD連携(Kerberos認証)
SAMBAで2台目DCサーバを構築
RedmineとGitのLDAP(AD)認証設定
JenkinsのLDAP(ActiveDirectory)認証設定


Redmine設定
Alminium(RedmineとGit/SVN)のインストール手順
RedmineとGitのLDAP(AD)認証設定
RedmineとGitの移行
JenkinsのLDAP(ActiveDirectory)認証設定


サーバの基本設定・運用設定
Apache
Apacheの基本設定
Apacheの仮想ホスト設定
PHPの基本設定
Nginxのロードバランサ設定
WebDAV構築手順
アンチウィルス
無償アンチウィルス(ClamAV)の導入手順
システム監視
システム監視ソフトMuninの導入手順
システム監視ソフトZabbixの導入手順
sarによるリソース使用情報取得


サーバ移行
Mysqlマイグレーション
MySQLマイグレーション時の問題点と解決策
Windows
Windows OS評価版からの移行
SQL Server評価版からの移行
クラスタソフト
クラスタソフトの比較

ツリーカテゴリ

広告ーSEO





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

ブログ王ランキングに参加中!


最新トラックバック

バーコード

アフィリエイト2