忍者ブログ

インフラ構築手順書

はじめてのインフラ、サーバ構築時に役に立つように構築手順情報をまとめました。


HOME   »  サーバ構築 Windows

[PR]

広告 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



Windowsファイル共有のセッション削除方法

広告 

Windowsファイル共有のセッション削除方法

Windows Server以外のWindowsクライアントにおいても、ファイル共有機能を使えば、ファイルサーバとして利用可能であるが、 同時セッション数に上限が設けられているので、注意が必要である。
Windowsクライアントの同時セッション最大数
2000 Professional 10ユーザ
Windows XP Home Edition 5ユーザ
Windows XP Home Edition以外 10ユーザ
Windows Vista (全エディション) 5ユーザ
Windows 7 (全エディション) 20ユーザ
Windows 8 (全エディション) 20ユーザ
WindowsServer系OSのファイル・サーバ機能では、技術的には事実上無制限にユーザーが接続できるが、 ライセンス(CAL)を購入する必要がある。

ユーザー数が最大制限数に達した場合、さらに接続しようとしてクライアント側ではしばらく待ってから、何度か再試行するので、エラーが表示されるまでに時間がかかる。


net sessionコマンドでセッションを削除

■cmdを管理者権限で起動する
■Sessionの確認
Microsoft Windows [Version 6.1.7601]
Copyright (c) 2009 Microsoft Corporation.  All rights reserved.
C:\Windows\system32>net session
コンピューター           ユーザー名           クライアント   オープン アイドル時
間
-------------------------------------------------------------------------------
\\192.168.1.219       user                                       0 00:09:33
\\192.168.1.220       user                                       0 00:12:51
\\192.168.1.222       user                                       0 00:11:26
\\192.168.1.223       user                                       0 00:06:07
\\192.168.1.224       user                                       2 00:09:54
\\192.168.1.225       user                                       0 00:03:56
\\192.168.1.226       user                                       0 00:11:51
\\192.168.1.227       user                                       0 00:07:57
\\192.168.1.228       user                                       0 00:11:32
\\192.168.1.229       user                                       0 00:00:08
\\192.168.1.244       user                                       2 00:12:14
\\192.168.1.245       user                                       0 00:09:34
\\192.168.1.246       user                                       0 00:05:44
\\192.168.1.247       user                                       0 00:01:13
コマンドは正常に終了しました。
C:\Windows\system32>

■Sessionの削除(切断)
 オープンが0のセッションを探し削除する
C:\Windows\system32> net session \\192.168.1.247 /delete
セッションで開いているファイルがあると、「この操作を続行しますか?」という確認が表示されますが「y」と入力すれば強制的にセッションを切断します


管理ツールでセッションを削除

・「コンピュータ管理」起動 - 「システムツール」 ‐ 「共有フォルダー」- 「セッション」
・対象のセッションを右クリック - [セッションを閉じる]




Windowsファイル共有セッションのタイムアウト設定

Windowsファイル共有セッションのデフォルトのタイムアウト値は、15分となっています。 この値を少なくすることで、セッションが早く開放されるので、最大セッション数に達しにくくなります。 根本解決策ではありませんが、ある程度効果はあるかもしれません。
■変更前の情報
C:\Windows\system32>net config server
サーバー名                                  \\USER-PC
サーバー コメント
ソフトウェア バージョン                     Windows 7 Professional
アクティブなネットワーク (サーバー)
        NetbiosSmb (USER-HP)
隠しサーバー                                No
最大ユーザー数                              20
各セッションのオープン ファイルの最大数     16384
アイドル セッション時間 (分)                15
コマンドは正常に終了しました。

■セッションタイムアウト設定
セッションタイムアウト値を5に設定する。
C:\Windows\system32>net config server /autodisconnect:5
コマンドは正常に終了しました。

■変更後の情報
C:\Windows\system32>net config server
サーバー名                                  \\USER-PC
サーバー コメント
ソフトウェア バージョン                     Windows 7 Professional
アクティブなネットワーク (サーバー)
        NetbiosSmb (USER-HP)
隠しサーバー                                No
最大ユーザー数                              20
各セッションのオープン ファイルの最大数     16384
アイドル セッション時間 (分)                5
コマンドは正常に終了しました。



拍手[0回]



Windows OSの猶予期間延長とOSライセンス認証

広告 

Windows OSの猶予期間延長とOSライセンス認証

■通常、Windows OSのライセンス認証には30日の猶予期間(試用期間)がある。
猶予期間内に認証を行わないと、システムが利用できなくなる。
■slmgrコマンドを使うと猶予期間をリセットして延長できる。
■猶予期間のリセットは最大で3回まで実行できる。
■slmgrコマンドは、下記のことができる。
 ・猶予期間のリセット
 ・プロダクトキーのインストール/アンインストール
 ・OSライセンス認証

WindowsServer2008試用期間の延長

ライセンス期間を延長するには、管理者として実行したコマンド・プロンプト上で「slmgr -rearm」コマンドを実行する。
これを実行すると、有効期限情報がリセットされ、猶予期間が延長される。その結果、クライアントOSでは30日(元の有効期限が60日の場合は、さらに60日)延長されます。 延長は、実際にはリセット操作を行うものなので、このコマンドを実行した時点から30日or60日が新しい猶予期間となります。

初期30/60日の猶予期間(評価期間)をリセットするには、以下の手順を実行します。
1.[スタート] ボタンをクリックし、[コマンド プロンプト] をクリックします。
2.slmgr.vbs -dli と入力し、Enter キーを押して、評価期間の現在の状態を確認します。
3.評価期間をリセットするには、slmgr.vbs -rearm と入力し、Enter キーを押します。
4.コンピュータを再起動します。
これにより、評価期間が 60 日にリセットされます。
WindowsServer2008試用期間確認


WindowsServer2008 ライセンス認証

1.プロダクト・キーのインストール
ライセンス認証を行う前に、まずは-ipkオプションを使って、プロダクト・キーを指定する必要がある。 Windows Server 2008のServer Core版やWindows Web Server 2008ではインストール時にはキー情報を入力せず、 代わりにKMS用のキーが自動的に設定されている。そのためMAK(Multiple Activation Key)方式で認証するためには、 このコマンドを使ってキーを指定する必要がある(MAK方式とは、ライセンスごとに個別のキーを使う認証方式。)。
 > slmgr -ipk XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
2.ライセンス認証の実行
 ライセンス認証を行うには、-atoオプションを指定する。
 > slmgr -ato


Windowsライセンス認証エラー
-ipkオプションでプロダクトキーを指定せず、-aloオプションでライセンス認証した場合、下記のエラーが発生する。
Windowsライセンス認証エラー


slmgrコマンドのその他の利用方法

・ライセンス簡易情報の確認

slmgr -dli


・ライセンス詳細情報の確認

slmgr -dlv


・プロダクトキーをアンインストール

slmrg -upk (プロダクトキー)


・プロダクトキーをインストール

slmgr -ipk (プロダクトキー)


・ライセンス認証

slmgr -ato




[Windows Server 2012テクノロジ入門]の書籍横断比較とレビュー

Windows Server 2012テクノロジ入門 (TechNet ITプロシリーズ)
著者:山内 和朗
出版日:2012-10-25
出版社:日経BP社

[Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス]の書籍横断比較とレビュー

Windows コマンドプロンプト ポケットリファレンス
著者:山近 慶一
出版日:2011-12-09
出版社:技術評論社




拍手[0回]



SQL Server評価版(Evaluation)から製品版への移行手順

広告 

SQL Server評価版(Evaluation)から製品版への移行手順

SQL Server 2008 評価版(Evaluation)は、180日間の試用期間があります。
テスト環境でインストールしたSQL Serverをそのまま本番環境へ移行することも可能です。
SQL Server 2008 評価版(Evaluation)から製品版への移行(アップグレード)手順について記述します。

下記SQL Server 2008 評価版(Evaluation)から製品版への移行(アップグレード)手順ですが、SQL Server 2005、SQL Server 2012 についても基本的に同じ手順です。


評価期間(180日)を過ぎていない場合の移行手順

「SQL Server のインストールセンター」の起動
[スタートメニュー] - [プログラム] - [Microsoft SQL Server 2008 R2] - [構成ツール] - [SQL Server のインストールセンター]クリック


エディションのアップグレード
インストールセンターが起動したら [メンテナンス] - [エディションのアップグレード]
を選択することで移行を開始することができます。

セットアップサポートルール
[セットアップサポートルール]画面 - [OK] - [次へ]

プロダクトキー
[プロダクト]画面 - [プロダクトキーを入力]チェック - プロダクトキー入力 - [次へ]
 ※評価版(Evaluation)から製品版に移行するためには移行先の製品のプロダクトキー入力する必要があります。


ライセンス条項
[ライセンス条項]画面 - [ライセンス条項に同意する]チェック - [次へ]

インスタンスの選択
[インスタンスの選択]画面 - そのまま[次へ]

エディションアップグレードルール
[エディションアップグレードルール]画面 - 失敗がなければそのまま[次へ]

エディションのアップグレードの準備完了
[エディションのアップグレードの準備完了]画面 - 内容を確認しそのまま[アップグレード]

完了



SQL Server評価版(Evaluation)から製品版への移行確認

■[SQL Server Management Studio]を起動
■[オブジェクトエクスプローラー] - [サーバ名]右クリック - [プロパティ]
■[サーバーのプロパティ] - [全般]
 製品名を確認

 ・移行前
  【Microsoft SQL Server Enterprise Evaluation Edition】
 ・移行後
  【Microsoft SQL Server Standard Edition】

  ※入力したプロダクトキーのエディションに替わっていることを確認する。




評価期間が既に終了してしまった場合の移行手順

評価期間が終了してしまった場合には下記のサポート技術情報をもとに製品版へ移行することができます。

http://support.microsoft.com/kb/914158/





[ひと目でわかるSQL Server 2012]の書籍横断比較とレビュー

ひと目でわかるSQL Server 2012
著者:エディフィストラーニング株式会社 沖要知
出版日:2012-11-15
出版社:日経BP社

[よくわかるSQL Server 2012データベース構築・管理入門編]の書籍横断比較とレビュー

よくわかるSQL Server 2012データベース構築・管理入門編
著者:長岡 秀明
出版日:2012-09
出版社:秀和システム




拍手[1回]



Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us FC2 ニフティクリップ iza Buzzurl 


最新記事
(09/17)
(04/09)
(04/09)
(03/22)
(01/16)
(12/30)
(12/26)
(09/21)
(09/21)
(09/20)
(09/12)
(06/13)
(06/13)
(03/14)
(02/15)
(01/03)
(01/03)
(10/04)
(09/20)
(09/15)
(09/14)
(09/14)
(09/14)
(09/06)
(08/30)
最古記事
(10/29)
(10/29)
(10/29)
(10/29)
(10/29)
(04/12)
(04/12)
(06/12)
(06/12)
(06/20)
(06/22)
(07/22)
(07/22)
(07/30)
(07/30)
(08/18)
(08/18)
(08/22)
(08/24)
(08/24)
(08/24)
(08/24)
(08/24)
(08/24)
(08/24)


PR

Copyright © インフラ構築手順書 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

検索フォーム

カスタム検索

フリーエリア

ESXiの基本設定・運用設定
ESXiのSSH設定
ESXiの NTP設定
VMware ESXiでの時刻同期(NTP)ペストプラクティス
ESXiのゲストOS(仮想マシン)複製
ESXiのOVF形式で複製
異なるESXiバージョン間の複製(移行)
クローン作成後の後処理
仮想マシンのLVM追加
仮想共有ディスクファイルの作成
ESXi上でハイパーバイザーを稼動させる
パフォーマンスがでないとき確認すること


サーバ構築手順
ESXi上でRACを構築する
GFS2+DRBD構築
PaceMaker+MySQLレプリケーション構築
PaceMaker+DRBD構築
HeartBeat2+DRBD構築


Solarisの構築手順
Solarisのネットワーク設定変更
Solarisのホスト名変更
Solaris11のresolv.conf変更手順
Solaris11のHDD増設手順


AWS(Amazon Web Service)の基本設定・運用設定
S3 WEBサイトの構築
S3 WEBサイトのアクセス制限
S3 WEBサイトのリダイレクト設定


Windows Azureの基本設定・運用設定
AzureでWordpress構築
英語版Wordpressを日本語化する
AzureWebサイトの独自ドメイン設定
AzureWebサイトのモード変更
WEBアクセスログ解析ツールの比較


WordPressの基本設定・運用設定
WordPressの基本構造
WordPressのインストール手順
Wordpressマルチサイト機能
「続き読む(more)」カスタマイズ
Wordpressの独自PHP
Wordpressをサブディレクトリに移す
既存サブディレクトリをルートディレクトリとする
Wordpressが利用可能な共用ホスティング


Postfix構築
Postfixにおける暗号化したSMTP認証設定


SoftEtherVPNの構築
ESXi上のSoftEtherVPN構築
DDNSと組み合わせたSoftEtherVPNの設定


LinuxのAD連携
LinuxのActiveDirectory連携について
PAM認証でAD連携
ApacheでAD連携(LDAP認証)
ApacheでAD連携(Kerberos認証)
SAMBAで2台目DCサーバを構築
RedmineとGitのLDAP(AD)認証設定
JenkinsのLDAP(ActiveDirectory)認証設定


Redmine設定
Alminium(RedmineとGit/SVN)のインストール手順
RedmineとGitのLDAP(AD)認証設定
RedmineとGitの移行
JenkinsのLDAP(ActiveDirectory)認証設定


サーバの基本設定・運用設定
Apache
Apacheの基本設定
Apacheの仮想ホスト設定
PHPの基本設定
Nginxのロードバランサ設定
WebDAV構築手順
アンチウィルス
無償アンチウィルス(ClamAV)の導入手順
システム監視
システム監視ソフトMuninの導入手順
システム監視ソフトZabbixの導入手順
sarによるリソース使用情報取得


サーバ移行
Mysqlマイグレーション
MySQLマイグレーション時の問題点と解決策
Windows
Windows OS評価版からの移行
SQL Server評価版からの移行
クラスタソフト
クラスタソフトの比較

ツリーカテゴリ

広告ーSEO





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ

ブログ王ランキングに参加中!


最新トラックバック

バーコード

アフィリエイト2